ファーロード

第32回強制収容所マガダンとフィル・ウッズ

昭和の時代に日ロ(日ソ)貿易業界を跋扈していた、ラーゲリの先輩。彼らが父の周辺にいたことまで前回書いた。その一人であった会社のOさんはおとなしい人で、ラーゲリの先輩たちのなかではロシア語が得意なほうではなく、「ダモイ」(家に帰ろう)くらいし...
ファーロード

第31回シベリア抑留②

列車が着いた現場はシベリア、モンゴル、ユーラシアの各地。 冬には寒さのひどいところで、マイナス40度はざらであった。 一日の食糧は、ラーゲリによって違ったが、ほんのわずかな黒パンと、具などないにひとしい粥と呼べない粥(ロシア語でカーシャ...
ファーロード

第30回シベリア抑留①

それにしても、寒い。寒すぎる。 マイナス30度に届く体感温度。この寒さに慣れていない私たち日本人には、かなりきつい。 ところがかつてこの地で働いた、大勢の日本人がいたことを、みなさんご存知でしょうか? 戦後、当時のソ連各地に抑...
ファーロード

第29回アムール河の波

ハバロフスク空港から市内のホテル・インツーリストへ、クルマで3,40分ほどかけて移動した。途中、窓の外はうす暗い雪景色。人の姿はほとんど見えない。 空港からホテルのチェックインまでは、迎えの通訳さんがいてくれたが、そのあとはT君と二人きり...
ファーロード

第28回真冬のハバロフスク

真冬の夜のシベリア鉄道。 窓の外はえんえん続く、白く凍りついた森。 「こんな世界があるのか」と息をのむほど、どこまでも冷たく、美しい。 外気は零下30度、森の奥深くはもっと冷えているだろう。 そこが、テンのすみかだ。   かつて...
ファーロード

第27回劇団員のアルバイト

氷屋さんのほかに、高校時代のアルバイトでもうひとつ思い出深い一件がある。 吹奏楽部でホルンを吹いていたナナちゃんから、「劇団の仕事しない?」と誘われた。 ナナちゃんはすでにそのバイトを何度かやっており、リハーサルと本番で一日5000円も...
ファーロード

第26回ロシアの寒さ

ロシアの寒さが手ごわいということは、おおいに予測がついた。 行ったことがないのにわかるのか? いや、私にはわかるのである。なぜなら私は氷屋さんでアルバイトをしたことがある。 あれは忘れもしない、高校三年の夏休み。 吹奏楽部でクラ...
ファーロード

第25回毛皮のコート

「・・・俺、ハバロフスク行きに、付き合ってもいいよ」 テレビ局勤務のT君が、忘年会の帰り際にそう言い出したところまで前回書いた。 救世主、あらわる。 マイナス30度の世界にたったひとりで足を踏み入れる勇気のなかった私だったが、これで一...
ファーロード

第24回ハワイ島の思い出

モスクワ・サンクトペテルブルクから戻ってまもなく、友人7人で忘年会をやった。 私がそんな大人数の集まりに行くことはめったにないが、このメンバーとは何年も続いている。 メンバー構成はテレビ局、出版社、広告代理店、通信社、などに勤める仕事を...
ファーロード

第23回ビザをとる

ロシア大使館の近くにある飯倉のキャンティで、おひとりさまランチをとっている。 会社をやめて以来、質素な暮らしに徹している私が、都内の名店にいるのにはわけがある。 なぜならビザをとるのに苦労した。なので「ひとり打ち上げ」をしているのである...
タイトルとURLをコピーしました