ファーロード

第54回ミルコ、ミルト(美流渡)へ行く②

北海道の道は、広い。ロシアのよう。 遠くにゆったりと連なる山々に向かって、えんえん続く広い道を、ぐんぐん進んだ。 道はあっちゃんにとって慣れたもののように見えた。そしてしばらく行くと、こう言い出した。 「このへんの病院に、私、入院して...
ファーロード

第53回ミルコ、ミルト(美流渡)へ行く①

芹澤君の家では、巣立っていった娘の部屋が空いていた。 そこを使わせてもらう。 部屋に入ると、ベッドがあるのに、その真横にマットレスも敷かれている。 「寝心地のいいほうを使ってね」 と、ホストマザーのあっちゃん。 「じゃあ、...
ファーロード

第52回非常勤講師の夏休み・後半へ

毛の伸びに比例して、ニャンキーはしだいに元気を取り戻し、なんだか以前より若返った。 毛刈り直後はナメクジのようだったが、またネコになってきた。 目の輝きが増して、顔つきが愛らしくなった。 フレンドリーになり、性格まで明るくなったみたい...
ファーロード

第51回ニャンキーの「毛のない生活」

イリーナと過ごしたロシアから帰国した翌日、わが家では<ネコの毛刈り>という一大イベントが待ち受けていた。 ニャンキーは、私が六本木に住んでいた編集者時代に、六本木駅前で衝動買いしたネコだ。ネコに15万円も使ったことに、私の両親は「ミルコは...
ファーロード

第50回ダーチャに泊まる⑤

私が目覚めて二時間経ったが、イリーナはまだ起きてこない。 私は大きなカップでチャイを(日本では飲まないミルクを入れて)たっぷり飲んで、出国前に私をインタビューしてくれた雑誌の担当者に手紙を書いた。 イリーナの猫、クリスが何度か私の顔を見...
ファーロード

第49回ダーチャに泊まる④

三日ぶりに町へ戻った。 ホテルで洗濯をし、洗髪をし、ビデオカメラも充電をして、再びワロージャの車が迎えに来るまで、大忙しだった。 こちらに来てから初めての雨が降り、ホテルのレストランで遅い朝食を摂る。 レストランのテーブルでWi-Fi...
ファーロード

第48回ダーチャに泊まる③

イリーナの案内で街へ出て、ビジネスランチタイムのカフェに入った。 天井が高く、店内は広い。 内装とテーブルや椅子はすべて木造だった。 ビュッフェ形式の学食のように、お盆を持って並んで進む。 ロシア料理によく出る蕎麦の実=グレーチカを...
ファーロード

第47回ダーチャに泊まる②

涙を出し切って落ち着きを取り戻すと、ますます自分の不甲斐なさに落ち込んだ。 イリーナに、呆れられたにちがいない。 そうなってくるともうこれ以上、ここにいてもイリーナたちに迷惑をかけるだけだろう。 しかしすぐさま日本へ帰ることはできない...
ファーロード

第46回ダーチャに泊まる①

ダーチャへ行くことになった。私にとってはたいへん急な話だった。 ロシアの7月は陽が長い。5時に仕事が終わったあとも、遠出を楽しむことができる。 その日のお勤めを終えたイリーナは、ワロージャの運転で私を迎えにきた。 郊外へ出てからしばら...
ファーロード

第45回「シベリア出兵」とチタ

チタという町に住む研究者のイリーナさんに会うため、私はハイラルから国境を越えた。彼女の本に私はイルクーツク大学図書館で出会い、彼女を訪ねることになったわけだが、そのくわしいいきさつは、もう少しあとで書く。 イリーナ氏との面会について、...
タイトルとURLをコピーしました